【Blog Coaching】 “Vision Quest”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を救うブラジャー、「イグノーベル賞」受賞!

続いては、ブラジャーの話。
真面目な話ですよ。
緊急時には、ガスマスクになるそうです。

チェルノブイリ原子力発電所事故がキッカケで
発明したとか。

ガスマスクブラ


ちょっと長いですが、引用しますね。
---
Annals of Improbable Researchは先週、毎年恒例に
なっているイグノーベル賞授賞式の第19回目を開催した。
2009年も、パンダの糞の応用や、指関節をポキポキ
鳴らすことに関する長年の研究結果など、
愉快な作品がならび、過去18回に劣らず、
イグノーベルにふさわしい賞となった。

その中でも受賞作品の1つであるガスマスクブラは、
見た目はばかばかしく滑稽ではあるが、
なかなか奥深いものであった。

シカゴ在住のElena Bodnarさんはウクライナにいたときに、
1986年のチェルノブイリ原子力発電所の事故による悲惨な
被害を目の当たりにし、科学者としての活動を始めた。
同氏は、女性がつけているブラジャーには、
かわいらしいレースはついているかもしれないが、
命を救ううえでは何の役にも立たないことに気が付いた。

授賞式でBodnarさんは、自身の発明品を披露した。
これがあれば、チェルノブイリ事故発生時に被害者が
ヨード131を吸入せずに済んだかもしれないと同氏は述べる。
同氏は、ピンク色のブラジャー(両胸部分が2つの
ガスマスクになる)を実際のノーベル賞受賞者に進呈した
(そう、男性にも進呈。これで男性も、恥ずかしがらずに
自宅内で人知れずブラジャーを身につけることができるように
なった。実際の効果もあることは言うまでもない)。
---

みなさんも、身近なアイテムを緊急対応キットに変える
発明を考えてみては、いかが?


ニュース
緊急時に脱いでナンボのブラジャー--イグノーベル賞受賞

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。