【Blog Coaching】 “Vision Quest”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーの新しい電子書籍リーダー、気になります。

続いては、電子書籍リーダーの話。ソニーから新製品です。

以前から気になっていた電子書籍リーダー
注目していたのは、アマゾンの「Kindle」ですが、
ソニーの「Reader Touch Edition」もよさそうですね。
もう少し出揃うのを待とうかと思いますが。

Reader Touch Edition

---
ソニーが、199ドルのポケットサイズモデル「Reader Pocket Edition」と299ドルのタッチスクリーン搭載モデル「Reader Touch Edition」を発表した。
1つは、片手で操作できるポケットサイズの「Reader Pocket Edition」。5インチディスプレイ搭載で、350冊分の電子書籍を保存でき、1回の充電で最高2週間利用できる。価格は199ドルで、本体色はネイビーブルー、ローズ、シルバー。
もう1つは6インチのタッチスクリーンを搭載した「Reader Touch Edition」。指または付属のスタイラスで画面をタッチして操作する。手書きのメモを書き込んだり、バーチャルキーボードでテキストを入力することも可能だ。書き込んだメモはほかのデバイスにエクスポートできる。Oxford American English Dictionaryを内蔵し、単語をタップするだけで意味を調べられる。メモリースティックPRO DuoとSDカードに対応した拡張スロットも備える。価格は299ドルで、本体色はレッド、ブラック、シルバー。
---

思っていたよりも、市場への浸透は早いかもしれませんね。
みなさんも、ビジネスに電子書籍リーダーを取り入れてみては、いかが?

ニュース
ソニー、新しい電子書籍リーダー発表 ポケットサイズとタッチモデル

フォトレポート:ソニー、電子書籍用端末2機種を発表

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。