【Blog Coaching】 “Vision Quest”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更聞けないTwitterの常識

続いては、Twitterの話。今更聞けない常識です。

とは言っても、まだ一般的ではないかもですよね。
知らなくっても、恥ずかしいことではありません。
よく話題にしているので、
おさらいを兼ねて、一緒に勉強しましょう!

twitter_01

よくまとまった記事です。
以下、概要の抜粋ですよ。
---
Twitter(ツイッター/トゥイッター)がこの春ごろから、流行の兆しを見せている。6月の国内ユニークユーザー(UU)は、ここ半年で4倍に増加。有名人やメディアの利用も相次ぎ、ユーザー拡大ペースが加速している。

Twitterのユーザートップページの例 Twitterは、「いまなにしてる?」(What are you doing?)という質問に答え、短いテキストを投稿するだけのサービスで、「ミニブログ」と説明されることもある。

投稿は「つぶやき」(Tweet)と呼ばれ、文字数は140字に限られるが、その分気軽に素早く投稿できるのが特徴。ブログやSNS日記のように、各記事にタイトルを付ける必要もなく、思ったことをそのまま書ける。

ユーザー同士が“ゆるく”つながるSNS的な側面も持っている。ほかのユーザーのつぶやきを聞ける「フォロー」機能を使えば、友人のつぶやきをリアルタイムに受け取って状況を知ったり、自分のつぶやきをほかのユーザーに発信し、交流できる。

米国で2006年7月に始まったサービスで、運営元は同名のベンチャー企業だ。日本では07年ごろに話題となり、その後しばらく落ち着いていたが、この春ごろから人気が再燃。ネットに詳しいユーザーだけでなく、一般ユーザーや大手メディア、企業も巻き込んだブームの兆しが見えてきた。
---
一般化すると、もっとマーケティングに使えるようになりますね。
CMなどマス広告との連動も近いでしょうね。
みなさんもtwitter、取り入れてみては、いかが?


↓わかりやすいので、よかったら続きもどうぞ!

ニュース
今更聞けないTwitterの常識:Twitterとは 国内で“再流行”、一般化の兆しも

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。