【Blog Coaching】 “Vision Quest”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コミュニケーションをデザインするための本」 7/100

先週、読んだ本の第二弾です。

コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)
(2008/09/03)
岸 勇希

商品詳細を見る
今後のコミュニケーションのあり方について、勉強したい人にお勧めです。
コミュニケーションデザイナーという新しい職種の提示は、斬新な感じがしました。「クリエイティブスタッフは職人シェフ、コミュニケーションデザイナーはマネージャーであり総料理長」というくだりが印象的でした。
他の書籍では、コミュニケーションシナリオといわれていたり、プロジェクトマネージメントといわれていたりますが、現在もてはやされている「クロスメディアマーケティング」を考える際、もしかすると今後のマーケティング全体にいえることかもしれませんが、こういったビジネスがわかりつつ、クリエイティブを適切に展開させ成果をあげるキーパーソンが、コミュニケーションデザイナーなのかもしれませんね。
事例は、面白く参考になりましたが、一貫性や法則的なところまで見えにくいので、欲を言えば、もう少しロジックの部分を掘り下げた部分が読みたかったかな。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。