【Blog Coaching】 “Vision Quest”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みにくいデザイン?

みなさん、こんばんは。

「読みにくいよー」とのメッセージが。。。

評判が悪いので、テンプレートデザインを変えてみましたっ!

私の人生に何かと縁のある、大好きな動物のデザインです。

」です!!!

いかがでしょうか?

タイトルも「Vision Quest of WSC!」に。

Web Strategic Consultantの略ですよ。

スポンサーサイト

ブログタイトル、また変更!

ちょっと修正してみました。

タイトル:
「Vision Quest of Eternal Boy!」
やっぱりOld Boyだと、若干自虐的かと。
なので、今度は「永遠の少年」です。

説明文:
『上地安親ブログ。私の出会った「Something Good & New」、「感じたこと」「考えたこと」「好きな人・事・物」についてお伝えいたします。』
説明文に「好きな人・事・物」を追加。
できれば今後、もう少し具体的な内容を追加していきます。

みなさん、
どうぞ、よろしくお願いしますね!

ブログのタイトル変更!

ブログのタイトルを変更しました!

Vision Quest of Old Boy!

上地安親ブログ。私の出会った「Something Good & New」、そこから「感じたこと」「考えたこと」をお伝えいたします。

「ビジョンクエスト」とは、アメリカ大陸に住むネイティブ・アメリカンが、自然の中をひとり何日もさまよい、人生の新しい方向性や、ビジョンを受け取るという、人生の節目に行なう儀式だそうです。
成人時や人生の転機に自然の中にひとりで出かけていき、大地のエネルギーを感じながら、静かに自分と対話するというもの。

私自身の転機(ちなみに今年、後厄です)として、そして人生の一瞬一瞬における出会いを大切にし、その中から得たインスピレーションをお伝えしたい」という願いを込めて、命名しました。

そして、「オールドボーイ(old boy)」とは、快活な年配男。まぁ、「いつまでも少年の心を忘れず、元気に行こう!」ってことで追加しました。

初恋の人から手紙が届く?

またまた面白いサイトです。

初恋の人から手紙が届く。こんな甘酸っぱい経験を疑似体験できる「初恋の人からの手紙」が人気らしい。「胸くそ悪い手紙が届く可能性もある」のがポイントだそうです。

ニュース
「初恋の人から手紙が届く」というサイトを試してみた

早速やってみました。もちろん、やり直しとか一切なしですよ。
初恋の人からの手紙

ちっちゃ過ぎてわかりませんね。なので全文掲載します。


初恋の人からウエンツさんへお手紙が届きました。
----------------------------------------------------------------
ウエンツ、ひさしぶり。
もうミニスカートを見ると「けしからん」と言うクセは治りましたか?毎日のように怒っていたウエンツをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にウエンツが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう26年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今振り返って考えてみると、あのころの私ってウエンツに迷惑かけてばかりでしたよね。でも、いつもツンツンしてる私にウエンツは「おまえの純粋さは分かっているから」なんて言ってくれて、少し引いたけど、なんだか心温まったのを覚えています。当時クラスメイトと浮気していた私はフクザツな気持ちではあったけれど、そんな風に言ってくれる人はいなかったから。

そういえば私にとっては9人目の彼氏でも、ウエンツにとっては初恋の相手なんですよね!今思い出した。そうそう、最初のころのウエンツは「元カノからまだ連絡がくる。めんどくさい」なんて嘘ばっかり言ってて(笑)。妄想もそこまでいくかとこっちが恥ずかしくなったものです。

私たちが付き合い始めたころ、ウエンツは「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところもウエンツらしかったですね。

恋愛を総合的に考えれば、私はウエンツと付き合えてよかったなぁと思います。当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、ウエンツがどこか頼りなかったおかげだと思っています。

いろいろ書きましたが、私はウエンツのことがそれでも好きでした。これからもウエンツらしくいられるよう、そしてたまにはスーパー以外で洋服を買って(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 当時ムーンウォークをやたらやっていたけど、前代未聞の下手さでしたね…。

・・・・・

ん~、嬉し恥ずかし。ちょっと毒があるけど、甘酸っぱい気持ちになりますね。
ついでに分析結果も掲載しちゃいます。

・・・・・

ウエンツさんについての分析結果は以下の通り。
----------------------------------------------------------------
【短評】
しっかり者であり、リーダー気質。女性を引っ張るタイプだが、配慮もできる。ただし弱味を見せない。
【あなたの恋愛事情を考察】
ウエンツさんは基本的に、ふられるよりはふる側になることが多いと思います。ふられる側になることがあるとしても、ウエンツさんの気持ちが分からなくなった相手が、不安のあまり自ら逃げ出すような形でしょう。

ウエンツさんは、わりと恋愛において「強者」の側にいるのだと思います。また人に頼られるのは好きでも、何事も相手に頼ったり任せたりするのはあまり好きではないのではないでしょうか。それが相手を不安にさせるのです。「私、いる意味あるのかな」と。

ここから言える、ウエンツさんにありそうな問題点を列挙します。

◆隙や弱味を見せないことで相手に不安を抱かせる。
◆初対面でオーラはあるがとっつきにくい。かわいげがない。
◆相手からするとウエンツさんの気持ちが分からない。
◆結果として相手が不安になり、ネガティブになる。ウエンツさんはそれを重苦しく感じる。
【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、成長速度に限界があります。そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。

・・・・・

当らずとも遠からず。真実は、ご想像にお任せいたします。。。
みなさんも、試してみてはいかが?

ビジョナリー・ブランディング

ブログ始めました。まだ、パイロット版です。
タイトルは「ビジョナリー・ブランディング」。
内容は、自分らしさをどう作っていくか、どう探していくかをつづったものです。
これだとダイレクトすぎるので、『「自分らしさ作り」の冒険記』と表現しました。
visionary=「洞察力のある」「明確なビジョンをもった」、branding=「自分らしさ作り」の冒険記。
「成功は成長の果実」→「価値観の肯定的な変化」を楽しんでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。